スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ways English learners learn vocab

Deborah Goldsmith, "What is SCANS"

"In the general population (in US regardless of ESL or natives, maybe)25% learn aurally from listening to a lecture, 30% learn visually from reading or looking at graphic material or a demonstration, and 45% learn tactilely-kinesthetically by being physically involved."

though it's very unclear where the source of information comes from, it's kinda interesting to know...Does this mean there are more people whose learning style is "kinesthetic" than visual learners?
スポンサーサイト

JLTより3つ

最近思うのが、論文を山のように読んでも、その量に流されて「この間読んだ内容はなんやったっけ。」となりがちだということです。というわけで、読んだ論文からメインポイントだけを抜き出して、書き留めておこうとおもって「論文」のカテゴリーをつくりました。なにもブログにせんでも‥という気はしますが、まぁコメントもらえるかもしれんし。

Yoko.M, "What really is fun for children studying EFL", Featured Speaker, JALT 2008, July, P32-34

Summary
子供が英語の勉強を楽しむ事ができる、ポイント。
1,Make identifying objects fun
2,TPR
3, Rhythmical songs and chants
4, Using English for real communication
5, Making unknown sounds
6, Reading on their own
7, Acting out
8, Having goals
9, Writing English (on their own)
10,Feeling like an independent user of English

Response
4, 8, 9, and 10 are interesting cuz I feel like there are interrelated somehow.

Scott Gardner, "Three ways humor helps in the language classroom", Reader's forum, JALT 2008, June, P11-15


Summary
生徒たちは人として楽しい先生に教えてもらうことで、前向きな姿勢になる。そして、英語のユーモアを実際に授業で教える事で、音声や文化をinductively伝えることができる。

The phonological Level
Q: What is black and white and re(a)d all over?
A: A Newspaper.

The semantic Level
Q: A plane crashed on the border of Colombia and Venezuela. Which country buried the survivors?
A: They didn't need to bury the survivors.

The culture level
Q:How do you know if you're at a Mormon wedding reception?
A: The bride's not pregnant, but the bride's mother is.

The warm-up
A: Doctor, doctor, please help me! Everywhere I touch on my body, it hurts.
B: Your finger's broken.

Reponse
For advanced level.

Paul,W."The younger, the wiser? Age effects on English language learning", JULT 2008, June, P17-20

Summary
Young students,esp.during CPH, have advantages on learning phonology and morpho-syntax. Teachers should not be reluctant to teach syntax and morphemes to them. Oler people need to overcome things those youngs do not have to deal with; anxiety and language attainment.

Response
I read this just to refine my understanding of "earlier inputs of English is better". It's kinda interesting that Paul says teachers should teach grammar to young students. We assume young kids are not intelligent enough to understand the complex system of English language at the early stage. Maybe, teachers should employ inductive approach that focuses on the grammar implicitly so that students actually do not realize what they are learning. I can already feel it's difficult when I even say that right now, but it seems to be worth trying.

新しいサイト作ろうか

別にいまのブログをやめて、新しいサイトで継続するとかそういうんじゃないですよ。せっかくTESOLっていうコミュニティーの中にいるんだから、その人たちの中で日本で英語教育に携わろうという志がある人を集めて、その人たちからの情報や意見を発信する場所をつくろうか、ということです。いわばブログとか、論文的なものとか、そういうものをUPできる場所です。そんなもん個人でやりゃいいじゃねえか、と言う人もいるかもしれませんが、意外と個人でそれをやりだして、継続するというのは面倒なもので、なにかしらモーティベーションを上げるものがサイト自身にないと、書くのが好きでも長続きしないものです。その総合サイトでは、ライターが一人ではなく、内々の人たちなため、読んでいて面白いものになるともおもいますし。

学期が始まってまだみんながスローペースの時に一回、Workshipでも開いてみようかな。

ゲゲゲの女房

最近、朝の連続小説ドラマ「ゲゲゲの女房」にハマっているんですが、結構ほほう、と思う台詞が多いです。その内の一つがこれ、水木しげるが友人に、「お前はもっと給料に割に合う仕事をしろ」と言われたときに、返した言葉。

しげる「自分は好きで漫画を描いておるわけですから、損をしている気はしませんなぁ。」

こういう事、言えるようになりたいと思います。どことなくチャップリンの言葉と重なっている感じが良いですしな!

銀行の楽しさは、「銀行員」かも

用事あって、銀行に行って来ました。さすが大きな銀行だっただけあって、社員の人は相当テキパキしていて、人によっては担当したお客さんが店から見えなくなるまで、窓口に立って爽やかなスマイルを維持してました。

俺の担当をしてくれた受付嬢も、落ち着いた口調で話し、おれが話しているときは、決して目線をずらそうとしませんでした。やっぱベテランなんかな~、プロやな~、と感心しました。それで、その受付の方に書類に判子を押すように言われて、押したのですが、めっちゃブレましてね。これは、押し直しせないかんやろな、、と思いつつも、一応提出してみました。すると、その嬢、

「それでは、書類をお預かりしま…うオ!!」

と、凄い驚きのアクセントで反応しまして、むしろその方の澄ました雰囲気とのギャップに、おれが「うオ!!」ってかんじでした。銀行員もまた人なり。

それで、また別の用事で同じ銀行を再度訪れたのですが、その時は別の「研修員」バッジを付けた受付嬢でした。お金を下ろすだけでしたが、その方はとてもアタフタしていて思わず、応援したくなる気分でした。で、案の定書類に判子を押されるように言われて、今度こそは、とおれは踏ん張って押してみたのですが、やっぱりブレました。ま、なんとかなるやろと一応提出してみると、

「これはちょっと押し直しが必要ですね。代わりに押させていただいてもよろしいですか?」

と言うので、させてみるとやはり銀行員、ちゃんと押せてました。それで、あぁーさすがに上手いですね、と思わず感嘆すると、

「いえ…。」

と頬を赤らめて言うんですよ。これがね、可愛いいんですよ。素直っちゅうか純っちゅうか。わかるでしょう。
プロフィール

むさし

Author:むさし
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。